守口市屋根スレートカバー工法

守口市で大波スレートの上からリファインルーフを

カバー工法で施工いたしました。

雨漏りがあり、中の倉庫が濡れてるところがあるみたいでした。

まず施工手順ですが、大波スレートのフックボルトを

全て切っていきます。

そして、材料を荷揚げしました。

鉄板同士はすべりやすいので、軒先でしっかりと

固定できるように金具をつけます。

 

そして屋根貼りをします。

大波スレートは苔がでてきて、すべりやすいので

雨の日などは危なくてできません。

スレートを貫通して長いビスで打ち込んでいきます。

そして各端部に水切を取り付けして終了です。

 

倉庫の中が雨漏りして天井がなかったので

サービスでジプトーンを応急処置で貼りました。

 

 

スレートやカラーベストなどはアスベストが

入ってるものが多く、アスベストの処分費を考えると

カバー工法をオススメします。

この現場は高さが低くなるべく安くしてほしいとの

要望があったので足場を使用せずに施工しました。

(あまりに危ないところはできません)

工事期間は4日程でした。


一覧ページに戻る