屋根工事

■このような屋根工事はお任せください

○屋根葺き替え工事
“葺き替え工事”とは、既存の屋根を取り除き、新しい屋根に交換する工事のこと。

屋根は住まいの一番上に位置しているため、劣化症状を見落としがちな箇所です。
15年以上一度もメンテナンスをしていなかったり、天井や屋根にすでにシミがある場合、知らず知らずに雨漏りが進行して気付いた時には手遅れに……なんてことも。
そんな時は、この“葺き替え工事”を行うことで住まいの健康を取り戻すことができます。

劣化症状の確認方法としては、瓦のズレや欠け、草・コケが発生していないかを、目視できる範囲で地上から確認してみてください。
※屋根に上っての確認は大変危険です!

更に屋根の詳しい状態が気になる方は、当社がきっちり診断いたしますので、遠慮なくご相談ください。

○漆喰の補修工事
漆喰は、屋根瓦の接着剤として使用されていますが、経年劣化によって瓦がズレたり、割れや欠けが生じると雨水が浸入しやすい状態になってしまいます。
また、固定力が弱まった状態ですと、瓦が落下することもあり大変危険です。
古い漆喰の除去、新しい漆喰の詰め直しを定期的に行うことで、住まいの屋根の健康と皆様の安全を守ります。
築20年以上経過しているようでしたら、そろそろ漆喰の補修をご検討ください。

○雨樋の補修工事
雨樋は、屋根に流れていく雨水を下水や地上に流す役割を持ちます。
この雨樋がないと、雨水が住まいに浸入して腐食を起こしたり、外壁の劣化の原因になることも。
このように、雨樋はとても重要な役割を担っているので、「まだ大丈夫かな?」と思わず、気になることがありましたら点検・修理をご依頼ください。

○雨漏り修繕
屋根の不具合を放置していると、いずれ雨漏りを引き起こします。
雨漏りは外装材を弱らせるだけでなく、シロアリが繁殖しやすい状態に。
更に、シロアリが建物内の木材を食べることで、建物自体の空洞化を招き、耐久性を著しく損なってしまいますので要注意。
最悪の場合、大規模な改修工事や建物自体の建て直しといった工事が必要になってしまうため、そうなる前に早めの雨漏り対策を行いましょう。

▼このような症状は出ていませんか?
・屋根瓦にひびやズレがある
・金属部分がサビている
・カビやコケが繁殖している
・表面が剥がれて下地が見えている
・浮きが見られる
・屋根に隙間ができている
など

上記のような症状を発見したら、お気軽に当社までご相談ください。
適切な処置を施し、住まいの健康を守ります。

【代表直通】080-4020-5430
【営業時間】8:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】大阪市を中心とした関西一円

一覧ページに戻る